亜鉛のサプリメントとは

人体の生命維持には、骨の生長やたんぱく質の分解作用に亜鉛は重要な役割があり、サプリメントでもよく販売されています。食べ物であふれている時代と現代を表現することがありますが、インスタント食品やファーストフードの占める割合も増えています。

季節ごとの食材を使って、野菜や魚を自分で調理する機会が減少しています。サプリメントは、日常の食事だけでは足りていない栄養成分を補給するために使われています。毎日15ミリグラムの亜鉛を食べ物から取り入れることが理想ですが、亜鉛を含む食事ができないままでは亜鉛不足の可能性が生じます。

ちなみに1日に亜鉛15mgという数字は、60kgの体重の方に対しての数字です。個々で自分の体重から自分に必要な量を知る目安として利用できるでしょう。体内で亜鉛が足りなくなると、機能性障害や発育不全、味覚障害の原因になります。魚や穀物、肉類を意識して摂取するようにしましよう。

一旦体内に入った亜鉛でも、発汗作用などで体外に出されやすいため、亜鉛は体内に保持することが困難です。必要量の亜鉛を食事から摂取しきれていないという場合、サプリメントから亜鉛を取り入れることで体内の不足分を補填することが可能です。

必須アミノ酸に分類される亜鉛のサプリメントは、アミノ酸系サプリメントと共に販売されています。亜鉛のサプリメントとして販売されている商品も豊富にあり、購入しやすいサプリメントのひとつでしょう。

亜鉛をサプリメントで取る必要がある人

亜鉛をサプリメントで補充すべき方にはどんな共通点があるでしょう。亜鉛が不足していると味覚障害を始め、肌のあれやシミ、爪の変形や変色、傷の治りが遅い、立ちくらみ、抜け毛が多い、物忘れが激しい、目の疲れ、風邪をひきやすい、疲れやすい等、様々な症状が出るとされています。

加工品として販売されている食品は、亜鉛が損なわれていることが多いようです。食生活の中心がファーストフードやインスタント食品に依存しがちだという方は、亜鉛欠乏を補うためにサプリメントを使うべきかもしれません。

必要量の亜鉛を維持するためには、サプリメントで亜鉛不足を補うか、亜鉛を豊富に含む食材を意識して摂取する必要があります。亜鉛が豊富な食材としてはカキが有名です。カキなら1日2個で足りますが、さすがに毎日カキを食べることは難しいでしょう。

カキ以外で亜鉛が多く含まれる食品は、うまぎ、牛のもも肉、チーズ、レバー、卵黄、大豆、納豆、きな粉、豆腐、蕎麦等です。基本的に、普段どおりの食事で必要量の亜鉛は摂取できていますが、蓄積が難しいミネラルでもあります。

3度の食事から常時亜鉛が供給されていることが望ましいでしょう。多忙な毎日に追われていて、食事が規則正しく摂取できなかったり外食が多いという方はサプリメントで向いているでしょう。亜鉛のサプリメントは、多種多様なものが出回っています。

糖質の分解作用を活性化させるインスリンにも亜鉛は含まれていますので、亜鉛サプリメントを使用することによってダイエットにも効果があるという利点もあります。

亜鉛サプリメントの活用法

サプリメントによる亜鉛摂取は、体内に不足気味な亜鉛を補うだけでなく、免疫力の向上やダイエットに効果があるものとして関心を集めています。インスリンという糖分を代謝する効果がある成分は亜鉛を含むため、サプリメントで亜鉛を補うことでインスリンの効き目を助けることが可能です。

食欲に関係するレプチンというホルモンは、亜鉛によって分泌量が変化があるとされています。ダイエット成功後のリバウンドを防ぐ効果が期待できる点で、亜鉛サプリメントが注目されているのです。

常に食欲が抑えられない人は、亜鉛サプリメントやマルチビタミン等のサプリメントで栄養補給することで、食欲が抑えられる効果が期待できると考えられています。年を取ると免疫力が衰退するのは免疫に関わる胸腺の働きが落ちるためなので、アスタキサンチンで胸腺を強化しつつ、亜鉛サプリメントで免疫効果を増強しましょう。

体内の免疫力をサポートして胸腺が小さくなってしまわないようにするには、亜鉛サプリメントがとても役に立ちます。夏ばて対策としては、サプリメントで亜鉛やマルチビタミンを摂取するようにすると効果が期待できます。

亜鉛のサプリメントは、お肌の調子が気になる人だけでなく、疲れ気味の生活や年齢の影響が気になる方にとっても愛用してもらいたいものといえます。食べ物だけから必要摂取量のミネラルが補充できればいいのですが、実際は困難を伴います。栄養成分に関する知識とサプリメントを組み合わせ、健康に役立ててください。亜鉛サプリメントを食事の欠けている部分と組み合わせ、健康効果をアップさせましょう。

メニュー

管理者情報など


Valid XHTML 1.0 Transitional   Valid CSS!
 W3C World Wide Web Consortium