DHAサプリメントの選び方

サプリメントを利用してDHAを取り入れる方が多いようです。健康食品のジャンルだけでなく、医療の分野でもDHAは高い評価を得ているようです。

サプリメントでDHAを摂取しようと思い立っても、バリエーションが多すぎて1つに決められないという場合、どんな点に気をつけるといいでしょう。

まず、DHAと同様青魚に存在するEPAやビタミンEも使われているDHAサプリメントがとうか成分表示をチェックしてから、サプリメントを選ぶようにしましょう。不飽和酸素に分類される成分で、中世脂肪の減少や、アレルギー反応の抑制、敏感肌、動脈硬化や脳卒中の予防、生理痛の抑制などの働きが期待されます。

EPAは、DHAと同時に摂取することで違いの効果を高める性質があります。ビタミンEは抗酸化力の強い成分で、DHAやEPAの酸化を抑制する成分として効果的に作用しています。

また、サプリメントの原材料には重金属が使われていないこと、青魚は新鮮なものが使われていることも重要です。お腹の赤ちゃんを水銀中毒から守るには、母体が重金属の摂取を避けるようにすることが大事です。

良質なサプリメントとは、重金属がない、質のいい魚を使ったものを指します。背が青い魚は妊娠期に摂取するといいと言われていますが、魚に蓄積されている有害重金属の影響は避けなければいけません。

サプリメントからの摂るのが良い場合もあります。DHAとEPAの相乗効果の点から考えてもサプリメントでの摂取が理想的と言えます。

サプリメントとDHAについて

食事だけでは体内で不足しがちな栄養素をサプリメントで補うという人が増えており、DHAサプリメントだけとっても多くの種類があります。この頃は、サプリメントで体内に欠乏している栄養成分を補うという人が増えているようです。

DHAを主成分とするサプリメントを使って、健康効果を期待しているという方も少なくありません。背の青い魚に多く存在するDHAは、ドコサヘキサエン酸とも呼ばれる不飽和脂肪酸の一種です。

DHAは脳の活性化や老化の予防に効果があり、血栓対策や痴呆症の改善にいいとされています。研究によってDHAの人体への影響が明らかになったことから、多くの人から求められるようになりました。

特に子供にDHAを多く摂らせることで、頭が良くなる等の情報は広く認知されています。赤ちゃんを母乳だけで育てた組と、粉ミルクで育てた組は、8年後の子供の知能指数にどのような違いがあるかという観点で調べたという記録が存在しています。

子供の知能指数をグループ別に比較した結果、母乳の方が知能指数が高くなっていたといいます。この粉ミルクと母乳を比較した時、母乳に含まれており、かつ脳に存在する成分はDHAでした。

いかにDHAが子供の脳の形成に必要とされているかがわかろうというものです。現在の粉ミルクのほとんどの商品にDHAが配合されているのも納得できます。

健康補助食品に分類されるサプリメント類は、年齢や性差を気にすることなく自分に合うものを選択し、健康増進やダイエット、美容などに役立てることができるものです。DHAのサプリメントなど、体内に必要な栄養成分をサプリメントで補いながら、偏りのない規則正しい食生活ができるよう心がけることが大事です。

メニュー

管理者情報など


Valid XHTML 1.0 Transitional   Valid CSS!
 W3C World Wide Web Consortium