活性酸素と抗酸化サプリメント

どのようなことが、抗酸化サプリメント摂取の目的なのでしょうか。この酸化とはサビることを指し、抗酸化とはサビを抑止するということです。体内で空気中の酸素は活性酸素という物質に変化し、細胞をサビさせてしまいます。

呼吸によって体内に取り込まれる酸素の2%が活性酸素になるといいますが、この他にも排気ガスや紫外線、食品添加物、ストレス、不安などでも活性酸素は発生します。

体じゅうの細胞がダメージを受けることになる原因が、活性酸素により細胞がサビていくことなのです。細胞がサビることが、老化やガン、生活習慣病などに繋がるといわれているのです。

活性酸素より1つの細胞がサビると、次々に周囲の細胞にも影響し、サビていくと言われています。このような、活性酸素を減らす作用を抗酸化作用といい、サプリメントの中でも、抗酸化作用があるものの需要が最近は高まってきているようです。

元々抗酸化力がある体は、活性酸素が増えすぎた場合には除去することができますが、不眠や体力低下で抗酸化力が弱っていたり、活性酸素があまりにも増えすぎたりした場合には、サプリメントなどを摂取しなければそれを抑えることが難しいでしょう。

このため、抗酸化サプリメントで体内の抗酸化力を強化するわけです。その例としては、ビタミンCやEが抗酸化作用がある栄養成分だといえるでしょう。

β‐カロテンやリコピンなどのカロテロイド類、カテキンやフラボノイドなどのポリフェノール類も抗酸化作用がありますので、サプリメント選択時の参考にするといいでしょう。

抗酸化力のあるSOD酵素とサプリメント

病気の大半は活性酸素の悪影響が関わっていると言われています。活性酸素は体の酸化の原因となる物質のことです。

体内のさびが増え、細胞や皮膚、骨などにダメージを与えるのは、活性酸素が増加することが原因です。SOD酵素というのは、この活性酸素を抑える効果のある酵素として知られているようです。

このSODとは活性酸素を取り除く酵素という意味のある、スーパーオキサイドディスムターゼの略だそうです。抗酸化サプリメントの成分として知られていますが、元々は体内で合成される酵素です。

SODの抗酸化サプリメントは、天然の植物や穀物を焙煎、発酵させて、SOD様作用物質を取り出すという方法で作られています。

抗酸化サプリメントを上手に使うためには、様々な活性酸素に対応するものを複合的に摂取して、成分の相乗効果を高めましょう。その組み合わせ効果によって、いろいろと抗酸化作用を増強できる栄養成分が存在しています。

SODサプリメントで気をつけなければならいのは、体内の亜鉛や銅、マンガンが減ると活性が失われる時もあるということです。

昔と比較すると、ビタミンやミネラルの野菜からの摂取量はかなり減っており、その反面活性酸素が増える機会は非常に増えているのです。

食べ物だけから必要な分量を摂取することはますます困難になってしまいます。そのようなことからも、効果的に抗酸化サプリメントを活用することも選択肢のひとつだといえるでしょう。

活性酸素と抗酸化作用について

活性酸素が体内に蓄積されると、様々な悪影響を及ぼすそうです。元々は外部からの細菌やウイルスの殺菌に活躍する成分ですが、過剰に生成されると、細胞にダメージを与えてしまいます。

この増えすぎた活性酸素を除去するものがサプリメントなどでよく知られている抗酸化作用です。20歳頃が、抗酸化作用をもたらすスカベンジャーの生成のピークだと言われているようです。

20歳以降は、どんどん生成量が失われていってしまうようです。40代ではピークの半分になり、活性酸素がもたらす老化作用から体を守れなくなり、サプリメントの重要性が増してくるのです。

昔よりずっと、現代人は不規則な生活や過度のストレスが原因で、活性酸素が増えやすい状況下に身を置いているのです。そういうわけで、体内の抗酸化力を、抗酸化サプリメントを利用するなどして、向上させることが必要になってくるのです。

大きく分けると活性酸素は、4つに分類できます。スーパーオキシドアニオン、ヒドロキシラジカル、過酸化水素、一重項酸素の4つに分類されます。

抗酸化成分として知られているのが、ビタミンCやEですが、それぞれの栄養素が消すことのできる活性酸素の種類は決定しており、全てのものに対応することは不可能なのです。

このような理由から、抗酸化作用のある成分を総合的に摂取しないと、サプリメントを摂取していても不十分になってしまいます。成分を確認してから購入することが、抗酸化のサプリメントを利用する時に大切なことです。

メニュー

管理者情報など


Valid XHTML 1.0 Transitional   Valid CSS!
 W3C World Wide Web Consortium