ナノサプリメントとは

どのようなサプリメントをナノサプリメントと呼ぶのでしょうか。ナノコロイドの略をナノといい、プラチナを10億分の1メートルの粒状に加工し保護剤を使用して溶液にしたものが、遷移金属ナノコロイドと呼ばれるものです。

食品の酸化を防ぐ成分として厚生労働省にも認められた安全性の高い食品添加物がプラチナナノコロイドであり、遷移金属ナノコロイドの一種だといわれています。

自動車の排気ガスをクリーンにする触媒としても、さびない貴金属でもあるプラチナは、幅広く利用されているそうです。

サプリメントだけに、プラチナナノコロイドは、このプラチナのパワーを使っているというわけではなさそうです。このプラチナナノコロイドという画期的な成分は、化粧品や食品用として開発されたのです。

26時間後に対外に排出されてしまう特徴のあるプラチナナノコロイドは、体内に長期間留まるわけではありません。

従来の抗酸化作用があるといわれるコエンザイムQ10やアルファリボ酸は一度役割を果たすと作用は失われていました。一度プラチナナノコロイドは働くと、半永久的にその働きが続きます。

それだけではなく、薬と一緒に飲むこともできるうえ、ビタミン剤と違って熱で壊れないのもナノサプリメントの長所だといえるでしょう。

たとえアレルギーを持っている人でも、ナノサプリメントの摂取が出来るそうです。とはいえ、妊婦の妊娠中のナノサプリメントの摂取は、体が敏感になっているので控えることをおすすめします。

ナノサプリメントと活性酸素

ナノサプリメントと活性酸素には深い関係があります。体の中で過剰状態になると活性酸素は、大気中の酸素と比べて反応性が非常に高いことにより、健康障害を発生させる恐れがあります。

近年では、活性酸素の反応はいろいろな疾患を発生させたり、促進させることが発見されています。私達は毎日の生活でばい菌、ストレス、紫外線等から発生される活性酸素や自らの体内で作り出す活性酸素を止める事が出来ません。

代わりに、酵素という活性酸素を消去する物質を体の中で発生させて、活性酸素を減少させています。しかし30代を過ぎると、活性酸素を消去する酵素の発生能力が低下してきます。

老化や病気が発生しやすい体になってしまうのは、体の中に過剰の活性酸素が滞留する様になってしうことによります。この活性酸素を退治してくれる食品もあるので摂取するように心がけることをおすすめします。

活性酸素を退治してくれる食品には、大豆のフラボノイド、トマトのリコピン、人参のβ-カロチン、ゴマのセサミンなどがあげられます。抗酸化作用はこれら食品にあるものですが、一度活性酸素に作用すると壊れてしまい、その食品そのものが酸化物となってしまう事さえあるのです。

ナノサプリメントの特徴は、ナノサプリメントが半永久的に体内にある限り働き続け、26時間程度体内に滞留した後、体の外に排出されるというものです。さっそくあなたも、ナノサプリメントを試してみると良いかもしれません。

メニュー

管理者情報など


Valid XHTML 1.0 Transitional   Valid CSS!
 W3C World Wide Web Consortium