尿酸値とサプリメント

基準値より尿酸値が高い状態でいると痛風の症状が出ることがあり、尿酸値サプリメントなどを利用する方が増えています。

人体には代謝という活動が常に行われており、古い細胞が死に絶え、代わりに新しい細胞が作られています。代謝が行われた後に残る不要な物の中の一つがこの尿酸で約70%は尿と一緒に排出されます。

尿酸が体に蓄積されるのは、肝臓の働きに問題が生じるなどの原因からうまく尿酸が排出されなくなるためで、痛風などの症状を引き起こすようになります。

体内の尿酸は、血液中に塩の形で溶解しています。痛風にかかると足の関節などに激痛が走りますが、これは血液中の尿酸値が高まって結晶化し、足の関節などに蓄積されるためです。血中の尿酸値を下げる効果が期待されるものとして、尿酸値サプリメントが販売されています。

プリン体・尿酸値が気になる方のサプリメント
アンセリン5,000mgが今なら980円
  ↓  ↓

尿酸値サプリメントは色々な会社で作られ、成分や製造法など、色々なバリエーションがあります。サプリメント利用の利点は薬の使用をせずに病気の予防に役立つことや、体への負担が少ない点といえるのではないでしょうか。

コンパクトでどこにでも持って行けるので、出かけた先でもサプリメントは気軽に飲むことができます。尿酸値サプリメントは、高カロリー食の多い若者にも、体力の落ちてきたお年寄りにも心強い味方となってくれます。

尿酸値を上げるプリン体とサプリメント

尿酸値が高くなると痛風を引き起こす恐れがあるとされ、その予防対策や健康維持の方法が注目されています。そのような中で関心が高まっているのが、尿酸値のサプリメントです。

最近注目されるようになった痛風の予防に役立つことを謳ったサプリメントは、プリン体がそのきっかけのひとつとなっています。尿酸値を上げる原因の中に、プリン体が入っているからなのです。

プリン体とはDNAを作る核酸の材料になる塩基であり、動物性食品に多く含まれプリン体を最終的に代謝させる役割を持つ乳酸の量に大いに関係してくると考えられています。

尿酸値が上がる要因は、プリン体を多く摂りすぎると、プリン体を代謝する役割を持つ尿酸も大量に必要となることです。

その結果痛風を引き起こしてしまうかも知れないのです。現在そのプリン体に注目し商品化されたサプリメントも多く、いろいろな種類のサプリメントが販売されています。

蟹、鮭の白子、ステーキなどの食品に、プリン体が多く含まれています。ステーキなどの他にもプリン体は、野菜や魚、糖類、お酒など身近な食材に含まれているといいます。

ビタミンCやキトサン、マグロ、かつお、鮭など回遊魚の特有成分であるアンセリン、アンセリンを凝縮したフィッシュペプチドなどが、プリン体の対策には効果があるようです。

今非常に注目を集めているのが、これらの有効成分からつくられたサプリメントです。痛風の予防に役立つサプリメントとして人気があるようです。

尿酸値とビタミンCサプリメントの利用

痛風の原因となる尿酸値を下げるためには、プリン体など尿酸値を上げる食品の過剰摂取を避けることが不可欠です。さらに尿酸値を下げるためには、尿酸の排出をスムーズにすることも効果があるといえるでしょう。

体内に入ってきた尿酸値を上げる可能性のある成分を排除することが、尿酸値を下げるのに役立つサプリメントの目的だといえます。傾向として、サプリメントに多いのは、体外への排出を促す効果のあるものです。

サプリメントで一日500ミリグラムのビタミンCを摂取することで、痛風の予防に多大な効果を発揮することが判明したのが、最近の研究結果だそうです。

医師の痛風患者への治療としては、一般的に食事療法と投薬が中心となります。尿酸の生成を阻止させる物と尿を通して尿酸を体外に排出させるものの2種類があるとされているのが、投与する薬です。

これらの薬には肝機能への悪影響や吐き気、また、重度の副作用を伴う場合があるそうです。本当に理想的なのは、痛風は予防の段階で、ビタミンCサプリメントの摂取によって体への負担が少ない方法をとることなのです。

実際にサプリメントを選ぶ場合に確認したほうが良いのは、天然の食品から作られているサプリメントかどうかということです。その理由は、天然成分で作られている物のほうが、合成成分のサプリメントよりも体への吸収が良く、利用した場合に有効だからです。

こまめな摂取が望ましいとされているビタミンCは、体にずっと留めておくことができない性質があるようです。体に優しい天然成分で出来たビタミンCのサプリメントの摂取を習慣にして、健康維持や美容の為に役立ててみることは、このような点から見てもおすすめです。

メニュー

管理者情報など


Valid XHTML 1.0 Transitional   Valid CSS!
 W3C World Wide Web Consortium