ビタミンEとサプリメント

ビタミンEサプリメントと言われて連想するのは、楕円で半透明な琥珀色の粒状のサプリメントではないでしょうか。ビタミンEサプリメントは、多種多様な商品が販売されています。金額も色々なものがあり、一体どのサプリメントがいいのか判断がつかないということもあります。

様々な商品情報や売り口上がホームページやTVの宣伝、各種メディアや口コミなどを介して伝わっており、ますます悩んでしまったりもいます。ビタミンEが発見されたのは、1922年にアメリカの学者が行った生殖に関与する必須な食事性新規因子の実験だとされています。

実験の内容は、カゼイン、コンスターチ、ラード、バター、塩等を与えたラットは不妊となり、別のラットには、レタスかアルファルファを与えた所、不妊の予防が出来たというものでした。

実験結果から、レタスやアルファルファから採れる物質が小麦胚芽油に多く含まれることが分かり、ビタミンEと名づけられたとされています。ひまわり油は、ビタミンEが豊富に存在する油として特に有名です。

ひまわり油100gには、1日に成人男性が必要とするビタミンEの3倍の量があると言われています。忙しい現代人にとってバランスの良い食事を毎日することは大変困難なのも事実です。そこでサプリメントをうまく使えば、どれだけ何を摂取すべきかがわかります。栄養のバランスの取れた食事をするために、ビタミンEサプリメントを食事に活かしている方はたくさんいます。

ビタミンEの作用とサプリメント

酸化防止効果があるとされているビタミンEは、ガン防止や加齢現象の予防にいいとされ、サプリメントとしても人気があります。今から約40年前のメキシコオリンピックの頃から、ビタミンEは重要視されていました。

ビタミンEサプリメントを所持してメキシコオリンピックに行こうとする選手に対して、日本オリンピック協会はこれを認めたそうです。健康に及ぼすビタミンEの効果は、色々なものがあるようです。

しみやしわを減らして美肌に効果があるだけでなく、更年期障害を軽くしたり、不妊や流産のリスクを減らしたり、あるいは全身の血行を良くしたりします。

効果のほとんどは、ビタミンEの持つ抗酸化作用と関係しているとされています。美肌効果のあるサプリメントにもビタミンEが用いられているのはシミやしわへの対策効果があるためでしょう。

ビタミンEを豊富に含む食材を食事に取り入れるという方法も、ビタミンE補充には有効なやり方です。料理をしてもビタミンEの成分は損なわれにくいので、食事に組み込むことが簡単な成分です。

しかし、ビタミンEを含む食材はアーモンドやヘイゼルナッツ、らっかせいなど限られています。緑茶や煎茶、抹茶などにも多く含まれていますが、人によってはこれらを全く口にしないという方もいるでしょう。

食事だけの摂取が難しい時は、ビタミンEサプリメントを活用して栄養成分を取り入れてください。ビタミンEの過剰摂取による副作用は、現在確認されておらず、食品とサプリメントの両方から摂取しても問題は無いとされています。安心してどんどんビタミンEサプリメントを利用しましょう。

サプリメントで効率良くビタミンEを摂る

ビタミンEを効率良く摂る方法としてサプリメントを利用する方法があります。この頃は多種多様なサプリメントが店頭に並んでおり、金額もピンからキリまで様々です。中でも、ビタミンEは比較的お金がかからないというメリットがあるようです。

1カ月使い続けても数百円しかかからないというビタミンEサプリメントも存在しており、入門サプリメントとしてもぴったりです。コンビニで販売されているサプリメントもあり、薬局や専門店に行かずとも容易に入手できるようになりました。

実際にどのビタミンEサプリメントを選んだら良いのでしょうか。サプリメントでビタミンEを摂取する場合は、合成より、天然成分から作られているサプリメントの方が体への吸収率が良いといわれています。

成分表示欄を確認して、原材料が合成成分か天然成分か確認しましょう。ポリフェノールやビタミンC、βカロチンなどの成分と一緒にビタミンEサプリメントを服用することによって、ビタミンEの良さを活用できます。

抗酸化作用のあるサプリメントも豊富に販売されており、利用の際は合わせて購入するようにしましょう。ビタミンEは、ストレスや煙草、アルコール摂取などによって欠乏しがちですので、心当たりの方は注意してください。

年齢と共にお肌も体の調子も悪くなりがちですが、酸化防止作用が強いビタミンEなら細胞の老化防止が可能です。ですが、サプリメントは医薬品ではありません。ビタミンEサプリメントの利用だけでなく、日頃の食事の見直しも始めてみてはいかがでしょうか。

メニュー

管理者情報など


Valid XHTML 1.0 Transitional   Valid CSS!
 W3C World Wide Web Consortium